• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

  • ホーム
  • ラボニュース
  • 2017年
  • 【論文関連】宇田川博士の高効率青色リン光有機ELに関する論文が Adv. Opt. Mater. (IF: 5.36) の2016年1月~12月の Most Accessed Article に選出!
2017年01月29日
【論文関連】宇田川博士の高効率青色リン光有機ELに関する論文が Adv. Opt. Mater. (IF: 5.36) の2016年1月~12月の Most Accessed Article に選出!

研究員の宇田川博士(Dr. Kazuo Udagawa)の高効率青色リン光有機ELに関する論文「Simultaneous Realization of High EQE of 30%, Low Drive Voltage, and Low Efficiency Roll-Off at High Brightness in Blue Phosphorescent OLEDs」が Wiley の Advanced Optical Materials (IF: 5.36) の 2016年12月および2016年1月~12月の Most Accessed Article に選ばれました。宇田川さん、おめでとうございます!

 

Simultaneous Realization of High EQE of 30%, Low Drive Voltage, and Low Efficiency Roll-Off at High Brightness in Blue Phosphorescent OLEDs

By K. Udagawa, H. Sasabe, F. Igarashi, J. Kido, Adv. Opt. Mater. 2016, 4, 86-90.

 

Abstract: A blue organic light-emitting device that simultaneously realizes a driving voltage of 3.25 V, external quantum efficiency of 30%, and a power efficiency of 78 lm W−1 at 1000 cd m−2 is developed. By using a mixed-host system, the device shows ≈1.4 times higher power efficiency than that of the corresponding double emission layer at a high brightness.

ページトップへ