• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

2016年04月18日
【報道】インパクトの高い論文数による日本の研究機関ランキングを発表

高知新聞より 

インパクトの高い論文数による日本の研究機関ランキングを発表

2016年4月15日

トムソン・ロイター

トムソン・ロイター: インパクトの高い論文数による日本の研究機関ランキングを発表
~総合ランキングでは東京大学が1位。世界において日本の影響力が高い分野は免疫学、材料科学、化学、物理学、生物学・生化学、植物・動物学、分子生物学など~

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は、高被引用論文数による日本の研究機関ランキングを発表いたしました。本分析は、後続の研究に大きな影響を与えている論文(高被引用論文)数から、世界の中で日本が大きなインパクトを与えている分野と、その分野において国内で特に影響力の高い論文を発表している研究機関を把握しようという試みです。

研究機関や研究者個人の特定の集合の中での相対的な位置を分析する指標として、高被引用論文(被引用数がトップ1%の論文)などの相対的な指標による分析に注目が集まっています。今回の分析で、世界における日本全体の高被引用論文数は10位でした。分野別では免疫学、材料科学、化学が5位以内に、物理は6位に入っており、これらの分野において日本は世界の研究コミュニティの中でも大きな存在感を示していることが明らかになりました。

総合分野(自然科学全体)のランキング1位は東京大学でした。第2位の京都大学に次ぎ、国立研究開発法人 理化学研究所が昨年の4位から順位を上げ今年は3位となりました。20位以内には大学共同利用機関法人が2機関含まれているほか、国立がん研究センターが今年初めて20位内に入っています。総合で20位以内にランクインした国立大学は、すべて国立大学運営交付金の支援枠の重点支援3(全学的な研究成果の創出を目指す大学)でした。

分野別のランキングでは、特定の分野に特化した研究機関や上記以外の大学も存在感を示しています。例えば、材料科学では国立研究開発法人 物質・材料研究機構がトップであるほか山形大学がランクイン、物理には大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構が入っています。公益財団法人 東京都医学総合研究所は今回、生物学・生化学で10 位以内となり、昨年に引き続きランクインしている分子生物学との2分野においてインパクトの高い論文を多く輩出しています。植物・動物学では、昨年に引き続き国立研究開発法人 理化学研究所と国立研究開発法人 国際農林水産業研究センターの高被引用論文の割合が高くなっています。

 

以下、材料化学分野のみ抜粋。

┏┓
┗■ 表3 材料科学/MATERIALS SCIENCE(世界5位)
国内順位 機関名 高被引用論文数 高被引用論文の割合
1 国立研究開発法人物質・材料研究機構 97 2.0%
2 東北大学 61 1.0%
3 東京大学 53 1.6%
4 国立研究開発法人産業技術総合研究所 46 1.2%
5 京都大学 28 0.9%
6 大阪大学 26 0.7%
7 九州大学 23 1.0%
8 国立研究開発法人理化学研究所 19 3.6%
9 東京工業大学 17 0.6%
10 山形大学 14 4.3%

 

 

ページトップへ