• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

2017年04月08日
【報道】山形大が有機ELのベンチャー設立へ 今月、開発や販売へ

山形新聞より

山形大が有機ELのベンチャー設立へ 今月、開発や販売へ

 

山形大は3日、有機ELをはじめとする有機半導体材料の開発、販売などを手掛けるベンチャー企業「フラスク」を今月に設立すると発表した。同大が保有する関連特許を生かし、スマートフォンのディスプレーなど各製造メーカーのニーズに合わせた最先端材料を供給する。

 菰田卓哉産学連携教授が社長、城戸淳二教授が最高技術責任者に就き、米沢市の工学部キャンパス内に事務所を構える。社名は化学実験で使う容器・フラスコにちなんでいる。資本金は500万円。同大は科学技術振興機構(JST)によるプロジェクトの採択を受けるなどし、有機エレクトロニクスの国際研究拠点形成を目指す事業を展開。有機半導体の関連材料を開発し、これまで取得してきた特許は100に上る。

 同社は大学が積み重ねてきた技術をフル活用し、関連メーカーと連携して材料を製造する。販売先は有機ELのディスプレーメーカーや照明パネルメーカーなどとし、その収入と国からの補助金によって事業展開する新たなビジネスモデルを構築する計画。

 3日の定例会見で概要を説明した。5年後に200億円の売り上げを目標に掲げ、菰田教授は「有機半導体の材料に関しては、(メーカーが)購入後にいろいろな調整が必要なのが現状。蓄積してきた特許を生かし、本当に欲する性能に注力して開発を進める」と抱負を述べた。

ページトップへ