• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

  • ホーム
  • ラボニュース
  • 2016年
  • 【論文受理】大久助教の中性子線反射率測定を用いた塗布型有機EL素子の界面形成とその素子性能影響に関する論文が RSC Nanoscale (IF:7.76) に受理!
2016年10月31日
【論文受理】大久助教の中性子線反射率測定を用いた塗布型有機EL素子の界面形成とその素子性能影響に関する論文が RSC Nanoscale (IF:7.76) に受理!

大久助教の中性子線反射率測定を用いた塗布型有機EL素子の界面形成とその素子性能影響に関する論文「 Influence of Solution- and Thermal-annealing Processes on the Sub-nanometer-ordered Organic–Organic Interface Structure of Organic Light-Emitting Devices」が、英国王立化学会(RSC)のNanoscale (IF: 7.76) にアクセプトされました。この研究は山形大学 松葉豪 准教授と高エネルギー加速器研究機構 山田悟史 助教との共同研究です。おめでとうございます!

 

Title: Influence of Solution- and Thermal-annealing Processes on the Sub-nanometer-ordered Organic–Organic Interface Structure of Organic Light-Emitting Devices

By S. Ohisa, Y.-J. Pu*, N. L, Yamada, G. Matsuba, J. Kido*, Nanoscale, accepted.

Abstract: Solution- and thermal-annealing processed organic–organic interface structures were investigated by neutron reflectometry. We revealed the true picture of interfaces, a polymer hole-transporting layer–a small molecule light-emitting layer–a small molecule electron-transporting layer, and discussed influences of those interface structures on organic light-emitting devices.

ページトップへ