• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

2016年04月05日
【報道】高い影響力の論文 山形大城戸教授が受賞

TUY Nスタやまがたより

有機EL研究の第一人者である山形大学の城戸淳二教授が、世界で高い影響力をもつ論文を書いた研究者としてきょう表彰されました。
授賞式はきょう山形大学で行われ、山形大学の小山清人学長から城戸淳二教授に賞状が手渡されました。
城戸教授が選ばれたのは、アメリカの情報サービス企業、トムソンロイター社が認定しているハイリー・サイテッド・リサーチャーと呼ばれるものです。各研究分野で、世界の研究者に論文を引用された回数が多い上位1%の研究者を選出するもので、分野ごとの先駆者を示すひとつの指標とされています。今年ハイリー・サイテッド・リサーチャーには、全世界で3000人が選ばれました。このうち城戸教授は自身が発表した有機EL関連の論文が、2003年から2013年までの11年間に1550回引用され、高い影響力があったとして今回選出されました。城戸教授が選出されるのは去年に引き続き2度目です。
山形大学・城戸淳二教授「論文の数だけではなくて引用された回数が非常に多くてこのような賞をいただいたという事で、悪くない研究をやっているんだなという事で自信も深まった」
また、城戸教授はシャープを買収したホンハイ精密工業が、有機EL分野におよそ2000億円を投資することについて「チャンスになる」と話し分野の発展に期待をにじませました。山形大学・城戸淳二教授「今回の山は非常に大きな山になると思う。これまでで一番大きいかもしれない」
城戸教授は、有機ELの基礎研究に加え、製造装置の研究も行っていて、将来的には山形から有機ELの生産設備なども送り出せるようにしていきたいと話していました。

(4日13:38)

ページトップへ