• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

2016年03月19日
【論文関連】リーディング大学院3年小松君の新規水色TADF材料に関する論文が Hot paper に選出!

リーディング大学院3年の小松龍太郎 (Ryutaro Komatsu) 君の「Light-blue thermally activated delayed fluorescent emitters realizing a high external quantum efficiency of 25% and unprecedented low drive voltages in OLEDs」と題する新規ピリミジン/アクリジン誘導体水色熱活性化遅延蛍光材料を用いた高電力効率TADFデバイスに関する論文が、英国王立化学会 (The Royal Society of Chemistry) の Journal of Materials Chemistry C 2016 Hot paper に選出されました。龍太郎、おめでとう!

 

< J Mater Chem C 2016 Hot papers とは >

論文の審査員から Hot な論文として推薦されたものを指します。Web サイトには以下のように説明されています。

This on-going web collection features all the articles published in Journal of Materials Chemistry Cin 2016 marked as HOT, as recommended by referees. Congratulations to all the authors whose articles are featured!

ページトップへ