• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

有機EL最新情報

2014年09月18日
LG化学、世界初100lm / WクラスOLED照明パネルを開発


Displaybank より

LG化学、世界初100lm / WクラスOLED照明パネルを開発
2014-09-16  

 

LG化学は、世界最高レベルの発光効率∙長寿命OLED照明パネルを開発し、11月から発売すると発表した。
今回LG化学が開発したOLED照明パネルは、100lm / Wの発光効率と4万時間の長寿命を備え、蛍光灯100lm / Wで2万時間、LED照明100lm / Wで5万時間に対しても競争力を持つ。 LG化学は、ユーザーが簡単にOLED照明を使えるように、電源接続だけで照明使用ができるモジュール型製品「OLED照明エンジン」の開発を終えており、今後量産して市場に出す予定だ。また、差別化されたOLED材料の採用と生産歩留まりの向上により、量産開始時のLEDと同レベル価格での供給が可能になると予想している。
LG化学は、第一段階としてグローバル主要取引先の確保を優先し、既に米国最大の照明会社Acuity(アキュティ)など50社以上の照明メーカーを顧客として確保した。また、OLED照明の採用領域を拡大するため、照明市場全体の20%を占めている車載用照明市場も積極的に攻略する計画だ。
OLED照明は、デザイン自由度の高さから車載用照明市場で注目されているため、LG化学は現在、ヨーロッパ、日本などのグローバル自動車メーカーとの間で、2017年の量産を目標にOLED照明パネルを採用した自動車のテールランプを開発している。

ページトップへ