• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

2013年11月27日
超低電圧緑色リン光デバイスに関する論文が最新号の Advanced Functional Materials に掲載されました。

最新号の Advanced Functional Materials に超低電圧緑色リン光有機ELデバイスに関する論文が掲載されました。本研究では、当研究室が開発したフェニルピリミジン誘導体電子輸送材料とリチウム錯体を組合せることにより、乾電池2本の3Vで5000 cd/m2 光るデバイスの開発に成功しました。発光開始電圧(1 cd/m2)は1.97V。光学バンドギャップから見積られる最低電圧(2.38 V)よりも低い電圧で光ります。将来、200 lm/W の電力効率の実現が期待される有機EL照明の省電力化に大きく寄与できる革新的な材料技術です。興味ある方は是非ご覧下さい!

 

Extremely Low Operating Voltage Green Phosphorescent Organic Light-Emitting Devices, Adv. Funct. Mater. 2013, 23, 5550-5555.

By Hisahiro Sasabe, Hiromi Nakanishi, Yuichiro Watanabe, Shogo Yano, Masakatsu Hirasawa, Yong-Jin Pu, Junji Kido

関連論文

1) メチルピリミジン誘導体材料を用いた高効率緑色リン光デバイス

Ultra High Efficiency Green Organic Light-Emitting Devices, D. Tanaka, H. Sasabe, Y.-J. Li, S.-J. Su, T. Takeda, J. Kido, Jpn. J. Appl. Phys. 2007, 46, L10–L12.

 

2) フェニルピリミジン誘導体材料を用いた高効率緑色リン光デバイス

2-Phenylpyrimidine Skeleton-based Electron-Transport Materials for Extremely Efficient Green Organic Light-emitting Devices, H. Sasabe, T. Chiba, S.-J. Su, Y.-J. Pu, K. Nakayama, J. Kido, Chem. Commun. 2008, 5821–5824.

 

3) リチウム錯体電子注入層による低電圧化

Lithium phenolate complexes for an electron injection layer in organic light-emitting diodes, Y.-J. Pu, M. Miyamoto, K. Nakayama, T. Oyama, M. Yokoyama, J. Kido, Org. Electron. 2009, 10, 228.

 

4) 3,3'-ビカルバゾール誘導体をホスト材料に用いた低電圧・高効率青色リン光デバイス

3,3'-Bicarbazole-based Host Materials for High-Efficiency Blue Phosphorescent OLEDs with Extremely Low Driving Voltage, H. Sasabe, N. Toyota, H. Nakanishi, T. Ishizaka, Y.-J. Pu, J. Kido, Adv. Mater. 2012, 24, 3212–3217.

 

 

ページトップへ