• 日本語
  • 英語

城戸・笹部研究室

ラボニュース

  • ホーム
  • ラボニュース
  • 2013年
  • リン光有機ELデバイスの最近の進歩に関する microreview が European Journal of Organic Chemistry の最新号に掲載されました。
2013年11月27日
リン光有機ELデバイスの最近の進歩に関する microreview が European Journal of Organic Chemistry の最新号に掲載されました。

European Journal of Organic Chemistry の最新号にリン光有機ELデバイスの最近の進歩に関する MICROREVIEW が掲載されました。最近のホストや電子輸送材料で流行のコンセプト、電子輸送材料での弱い分子間水素結合相互作用による配向、移動度変化、低電圧化技術に関して詳細を述べています。現在の世界最高効率の白、青、緑色リン光有機ELデバイスの効率に関しても一覧表で載せてあり、資料としても便利です。興味ある方は是非ご覧下さい!
 

Recent Progress in Phosphorescent Organic Light-Emitting Devices
European Journal of Organic Chemistry, 2013, 34, 7653–7663.

By Hisahiro Sasabe, Junji Kido

 

最近の総説、解説もあわせてご覧下さい。

1) Multifunctional Materials in High-Performance OLEDs: Challenges for Solid-State Lighting, By H. Sasabe, J. Kido, Chem. Mater. 201123, 621–630.

 

2) Development of High-Performance OLED for General Lighting, By H. Sasabe, J. Kido, J. Mater. Chem. C 20131, 1699–1707.

 

3) 照明用白色有機ELデバイスの開発動向、笹部久宏、城戸淳二、高分子、2013年4月号 pp. 173–175.

4) 次世代光源としての高性能有機ELデバイスの現状と今後の課題、笹部久宏、城戸淳二、応用物理、2013年6月号 pp. 475–479.

5) 高性能有機 EL デバイスを実現するフェニルピリジン誘導体ワイドギャップ電子輸送材料の開発, 笹部久宏, 高分子論文集, 2013年, 8月号, pp. 360–369.

ページトップへ